ブラジル ダ・ラゴア農園植林プロジェクト 活動報告(2023年度)

いつもマウンテンコーヒーをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

皆さまにご支援いただいている、ブラジル ダ・ラゴア農園での植林プロジェクト。

2023年度の活動報告が届きましたので、お知らせいたします。

現地の豊かな生態系と、コーヒー生産を守るために

ダ・ラゴア農園は、ミナスジェライス州のマタ大西洋熱帯雨林とセラード生物群の移行地域に位置する持続可能なコーヒー農園です。

持続可能性の目標の1つとして、在来の動植物を豊かにし、保護するために再植林プロジェクトを積極的な推進を掲げています。

この目標の達成のために、ラゴア農園は毎年、農場に在来の木や低木の苗木を使用した再植林プロジェクトを実施しているのです。

そこで私たちマウンテンコーヒーは、コーヒー生産と自然環境の調和を目指し、2018年から現地の農園と協力して、この植林プロジェクトに取り組んでいます。

2023年度の活動内容

2023年度は、特に乾燥の影響を受けやすい2つのエリアを中心に、合計2ヘクタールの範囲に約1,550本の苗木を植えました。

苗木は、成長の速度や役割の異なる30種類以上の在来種を厳選しています。

鳥や昆虫を読み寄せる果樹も植えることで、自然環境の循環も目指しています。

2024年度の活動計画

2024年度は、7ヘクタールを超える保護区域内の複数の区画で、約1,500~2,000本の植林を計画しています。

生物多様性が低いと判断された区域を重点的に、森林再生を目指します。

プロジェクトを支える、皆さまとのつながり

ダ・ラゴア農園の森林再生プロジェクトは、皆さまから寄せられるコーヒー1杯1杯への想いが、活動の源となっています。

今後も活動を通して、現地の農園と共に、サスティナブルなコーヒー生産を追求していく所存です。

引き続き、マウンテンコーヒーへのご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

▼プロジェクトの詳細はこちら
PARTNER PROJECT 2024 翻訳版.pdf